交通事故被害者の会

ディズニーランド帰りに

ママ友が年末に交通事故に遭いました。ご主人・ママ友・小学校4年生&幼稚園年長さんの姉妹で、次女の誕生日祝いも兼ねて年末にディズニーランドへ行き(朝早くから車で行ったそうです。)、その帰り道でのことでした。

ディズニーランドから帰宅する車で渋滞していて、ほんの少しずつしか進まない道路の中、娘さん2人は後ろの席でウトウトしてしまい、ご夫婦で、「今日は楽しかったね~!年末にしては、思ったより空いててアトラクションにも乗れたね・・」 の、最後の「ね」の時に、ドンっと車体に衝撃が走りました。

子供達はびっくりして飛び起き、年長さんの次女は泣き始めてしまい、何事かと後ろを見たら、後ろの車がママ友の車のお尻部分にぶつかっていたそうです。

後ろの車の運転手が飛び出してきて、平謝り!後ろの車の方もディズニーランド帰りの家族連れで、運転手だったご主人は(朝から駆り出されて昼間も歩き回っていたので)疲れ切って、ついついこの渋滞で車の流れが進まない中、ウトウトしてしまったんだそうです。

許されないことだけど、気持ちは非常に理解できたので、責めるようなことはせず、(心強いことに)ママ友の実家は自動車修理工場を営んでいるので、そこでの修理費を後日相手に伝え、支払ってもらい、無事に解決したそうです。

せっかく夢の国に行ってたのに、最後に一気に現実に引き戻されたよ、と言っていました。