交通事故被害者の会

バイクと摩擦して驚くほど熱くて

私は交通事故と無縁だと思っていたのですが、なんと遭ってしまいました。横断歩道が青になったので歩こうとしたのですが、前をバイクが凄い勢いで走っていったのです。

足が焼けるように熱くて、下を見たらなんと言いますか、凄くこすれたようなかんじになっていました。範囲も広くて、赤くて血も出ていました。そんなに痛くは無かったのですが、熱さでごまかされていたのかもしれません。摩擦熱がこんなに熱くて、人を不安にさせるものだとは思ってもいませんでした。

向かいから歩いてきたOLさんも驚いていました。ただ、バイクの人は去っていってしまいましたし、怪我も熱いだけで大したことはなさそうだったので、そのまま帰宅しました。

自分が思っているよりも帰宅途中にかなり出血していたみたいで、帰宅したときの母の顔は未だに忘れられません。まるで、この世に絶望したかのような顔をしていました。

私もそのとき、足を見て驚きました。熱さでよく分かっていなかったのですが、血もかなり出ていたのです。これを交通事故と言って良いのかは分かりませんが、道路上で起きたことなので交通事故でしょう。結局私は足の傷を流したり冷やしたり、色々しました。

幸い悪化することもなく、日に日に治っていきました。ただ、まだお湯が浸みますし、長めのパンツがこすれるので履けないのが悩みどころです。