交通事故被害者の会

遅刻しそうで急いでいた時に、駐車場で衝突

先日の事です。仕事に送れそうになり、大急ぎで車を走らせていました。仕事場の駐車場につき、車や人々をどうにか交わしながら急いで自分の駐車場に向かっている時、前方でバックをしていた車が一旦停止をしたので、その間をぬって通り過ぎようとアクセルをふみました。

その車は駐車場に停めようとバックをしていたのですが、何らかの理由があったのか、バックの途中で止まったのです。だから、通り抜けられると思って車を走らせたのですが、その車の後ろを走った瞬間に、その車がバックを開始してきたのです。

もちろん、私の車の横側に接触しました。私的には、車のバックをやめていたのだから、そこを通り過ぎたのだという認識でした。

けれど、相手はバックをしている最中に車が突っ込んできて、その車にあたったのだと言われました。職場の駐車場での交通事故のため、言い争うのは難しく、保険会社による話し合いとしてもらいました。

結局、私が悪かったとのことです。

たとえ止まってしまっていても、相手は駐車をしようとしているところです。そこを突っ切ってしまおうという行為自体いけないことのようでした。

なにか腑に落ちない結果でした。相手がなかなか駐車をしないので、その後ろを通り過ぎただけなのに。速度も低かったので、車のキズはたいしたことがなく、私は保険を使わずに自費で修理をすることにしましたが、どうも納得がいかなかった事故でした。